LOG IN

2021 Recruit Blog #4 2年 WR 筏井崇介

2年WR 筏井崇介(麻布高校・ハンドボール部出身) 「東大生がスポーツで日本一」 こんな言葉をWARRIORSの新歓で耳にすることがあると思う。しかし僕はこの言葉を最初に聞いた時、正直冷めた気持ちでいた。どんなに無謀な挑戦であっても一生懸命努力すれば達成できる、こんな考えは綺麗事に過ぎないと考えていたからであり、このことは大学受験を乗り越えてきた新入生

2021 Recruit Blog #3 3年TR 高橋智志

3年TR(トレーナー) 高橋智志 (広島県立広島高校・美術部出身) 例えば、もし高校生の自分に「アメフト部でTRをしている自分」と、「マダガスカルに学校を建てている自分」、どちらが自らの大学生像として想像できるかと問えば、おそらく後者との答えが返ってくると思います。これは少し極端な例えでしたが、実際、中高共に美術部で、ナマケモノレベルの運動しか出

2021 Recruit Blog #2 2年 WR 北野伸太郎

2年 WR(ワイドレシーバー) 北野伸太郎 (西大和学園高校バレーボール部) 1年の夏休み、サークルも部活も対面での新歓が行われていなくて、部活へのあこがれがあった自分も、大学の部活に対する不安があったせいか、どこにも入らずにただ友達と毎日ひたすら遊んでいた。もちろん楽しかったが、なぜか今まで感じたことのない虚無感、漠然とした不安を感じていた。振

2021 Recruit Blog #1 2年 DL 高野修

2年 DL(ディフェンシブライン) 高野修 (開成高校ソフトテニス部) 僕はWARRIORSに入った理由を聞かれても明確な答えを出すことができない。ただ、入部の理由なんてものは簡単にこじつけることができるからあまり重要ではない、と今になっては思う。何となく部活に入った僕がどうして今も日本一を目指す環境の中でアメフトを続けられているのかを紹介したい。 知り合い

リクルートブログ⑧ 2年 WR 森太一

「大学生にしかできないことをやろう」 部活への勧誘の決まり文句かもしれません。でもこの言葉は、サークルに物足りなさを感じながらも大学4年間を部活動に捧げることを躊躇していた僕にとっては、十分すぎる言葉でした。「週に1、2回の運動や、資格の勉強なんて社会人になってからいくらでもできる。」 大学生は週に1、2回のサークルを楽しみながら、将来のた