LOG IN

2019運動部主将対談

by 東京大学WARRIORS

2019運動部主将対談

ア式蹴球部:松坂大和

アメリカンフットボール部:関剛夢

応援部:宮下達朗

硬式野球部:辻居新平

ラクロス部男子:黒木楓

今年のチームの特徴について

:今年のアメフト部は昨年からの戦力的な損失が小さく、経験豊富な選手が多いのが特徴です。

辻居:野球部では今年は特に上下間のコミュニケーションがよく取れています。チームの都合上、なかなか個々の力だけで勝てるような状況ではないので、学年関係なく言うべきことは言って、やるべきことをしっかりやるということは一人一人の意識として持っていてほしいと思っています。

黒木:ラクロス部は伸び代がまだある。ディフェンスにはある程度去年も経験したメンバーがたくさん残っているので上を目指せる組織を作っていけるかなと。オフェンスに関しては、ディフェンスほど経験値のあるメンバーは少ないのですが、大分芽も出てきてこれからの伸び次第で良いチームになると思います。

松坂:ア式では去年から学生コーチがコーチをしてくれていますが、去年からの積み上げで、チームとして成熟したサッカーができあがりつつあります。チーム全体で言うと試合に出る選手、出ない選手、スタッフ等色々いますが、各々の場所でチームの勝利に向かって全力を尽くしているのが今年のチームの特徴だと思います。当たり前のことではありますが、試合に出られない選手がサポートしたり、スタッフが本気でチームに関わるのは意外と難しくて、そこに関して今年は本当に頼もしいです。彼らに結果で応えたいと思います。

宮下:今年の応援部はリーダーはもちろん、チアとかバンドもスマートと言うよりは泥臭い人が多い気がします。ただ、選手やお客さんにとってどう伝わっているかというのを常に考えて、自己満足で終わらないようにいかに伝えられるかはまだ考えている途中です。

松坂:WARRIORSは今年は主力がたくさん残っているの?

:そうだね。去年のスタメンも半分以上残ってる。東大ではアメフトを大学から始める人が多いから割と上級生が戦力になることが多いけど、去年は割と下級生も出たんだよね。

黒木:アメフトとラクロスは上級生中心にどんどん上手くなるけど、初めは大変。最近は随分芽がでてきて、ようやく下級生が伸びてきた。オフェンスは上級生がまだまだうまくならないと。

東大の運動会の特徴

松坂:一言で言うと、真面目かな?

一同:俺もそれ思った。

松坂:例えば、バイトがあるからといって部活をさぼらないでしょ。それはサークルと比べても、他大の部活と比べても当たり前ではないと思う。そういう意味でも真面目なのかな。

辻居:東大は応援が熱いと思う。応援部中心にみんなが応援をしてくれる。うちの部は舞台が神宮球場と恵まれているところはあるけど、どの部活の応援も熱い。

宮下:強豪校と比べて、東大生は努力をしないと勝てないと思っているからこそ真面目にやるのでは。それに部員全員がある程度同じ方向を向いていると思う。試合に出られない選手でもチームが勝ったら嬉しいなど、喜びとか悲しみとかを共有できるチームなのかな。

辻居:真面目に関係するけど、運動会はプライドを持ってやっていると思う。自分たちの部に誇りを持っている人が多い。

宮下:はたから見てもそう思う。応援に伺う時に自分たちの部への誇りを感じるし、自信に満ち溢れているよね。

松坂:プロを目指していない分、逆に部が勝つことに対して全力を捧げるのかな。他大だとプロになるという目標がある人がいるから、自分が試合に出ることに一番の重きがいくのかも。

黒木:身体能力が劣っているというネガティブな前提をおいているから、すごく頭を使おうとする。ミーティング回数は多いし、毎回細かく目標設定とか反省会とかを行っている。頭脳でより優位に立とうという意識はあるな。

運動会全体を盛り上げる活動

:他の運動会とはお互いに応援とか行ってるよね。

黒木:お互い週末が試合だからなかなか難しいけど、できるだけ観に行きたいと思ってる。

:強くなったらもっと盛り上がるんだろうね。運動会同士は交流しているけど、普通の東大生って他大と比べても運動会に興味がない。強かったらまたちょっと変わると思う。アメフトだと早慶とかが強くて、早慶戦には一般の人も割と観に行くよね。

一同:確かに。

黒木:文化もあるけど、どうしたらいいんだろうね。入学当初とかなるべく早い段階から観戦の文化を浸透させるとか。

宮下:「ただ一つ」を皆に覚えてもらいたいと思ってる。試合前後に歌うことでアイデンティティを確認して一体感を味わう機会になる。

黒木:元々スポーツに興味がない人も多いんだよね。絶対観に来たら楽しいのに。

辻居:早慶戦にあたるのが双青戦だよね。これをもっと盛り上げられたら楽しそう。

各部のプライド

黒木:学生主体であることはラクロス部の1つのプライド。頭を使う機会が多くて成長できる部活だと思う。

松坂:サッカーは面白いし世界的人気がある。戦術も奥深くて、大学でやるサッカーは見える世界が広がる。純粋にサッカーが好きな人ばかりで、とにかく上手くなりたいと思っている。上手くなってそこに勝ちという結果が付くのがベスト。

:アメフト界でリーグ屈指の選手を輩出するのは難しいから、日本一を目指すにはチームが全体的に強くなる必要がある。一人一人が日本一を目指すために何ができるかを考えて行動している。苦しい状況下で弱い部分があるので、勝負強さがもっと必要。

辻居:野球部はリーグ的に1番ハードな状況にあるけれど、そこでもがいていることは誇りに思う。特にアメフト部は今年相当厳しいリーグに入って、そこで頑張っているのを見るとすごく共感できる。春は厳しい戦いだったが、他大に負けない実力をつけようと皆に言っている。

宮下:応援部には3Sと呼ばれるものがあって、Sacrifice、Service、Studyを指します。自分が戦う訳ではないけれど、少しでも力になると信じてバカになって応援するのが一種のプライド。自分たちの応援で会場の雰囲気を変えられると言う小さな望みにかけて懸命に応援しています。

秋シーズンに向けて

:春は苦しいシーズンで惨敗だった。夏秋でどれだけ差を詰めて最善の結果を出せるか、ベストを尽くします。

辻居最下位脱出という目標を達成できるようしっかり準備します。

黒木:リーグ戦全勝、学生日本一を達成します。一日一日しっかり積み上げて強くなります。

松坂:納得できる前期リーグではなかったので、結果にコミットして選手として到達できるところまで上を目指したい。後輩にもピッチ上でもピッチ以外でも何かを残したいです。

宮下:選手の努力を裏切らない応援をします。夏しっかり努力します。

--------------------------------

各運動会紹介

ア式蹴球部

ア式蹴球部は1918年創部(ア式蹴球:Association Footballの意)。日本最古の大学サッカー部として日本サッカー史の黎明期を支えてきた名門である。現在は関東大学リーグの下位にあたる東京都大学リーグ1部に所属。1部残留、そして悲願の関東昇格を目指し、今日も走り続ける。

応援部

応援部は1946年に創立。学ランを羽織り全力で選手に檄を飛ばす「リーダー」。重厚な演奏とマーチングで選手を鼓舞する「吹奏楽団」。声援やダンスで客席を盛り上げる「チアリーダーズKRANZ」。各パートが力を合わせ、戦う東大生たちの追い風となる。

硬式野球部

硬式野球部は1919年創部、東京六大学野球連盟に所属する。六大学と言えばプロ野球選手を多数輩出する名門校がひしめく大激戦区。そんな中、チームは「最下位脱出」を目標に日々鍛錬に励んでいる。創部100周年を迎える2019年度こそ、神宮に東大旋風を吹かせられるか。

ラクロス部男子

ラクロス部男子BLUE BULLETSは、1987年創部の日本で2番目に古いラクロス部である。関東学生リーグ1部校として日本のラクロス界を牽引する。昨年は関東学生リーグ戦FINALで惜しくも敗れ、関東学生準優勝。2019年度はチーム目標の「学生日本一」を達成なるか。

OTHER SNAPS