LOG IN

スタッフ紹介①MKG(マーケティングスタッフ)

by 東京大学WARRIORS

WARRIORSのスタッフは5パートに分かれ、部全体の運営・アメフトの戦略・選手の身体のケア・企業協賛・集客・広報・部で使用するシステムの整備、など各パートが専門的な内容の仕事に取り組み、選手と同じ熱量で日本一を目指してそれぞれの方法で戦っています。

このブログでは、スタッフ各パートを全5回に分けて詳しく紹介していきます。これを読めばあなたに合うパートが見つかるかもしれません!

第1回目は、企業協賛・集客・広報に専門的に取り組むMKG(マーケティングスタッフ)をご紹介します。

(1) MKGとは

2018年に創設され、創設初期は主に広報を中心に行っていましたが、2019年からはさらに集客・企業協賛にも取り組み仕事の領域を広げています。部の活動の発信→部の活動や理念への共感・応援が集まる→部の価値・部へのロイヤリティの向上→部へのサポートが増加→いいもの・人材・支援が集まる→チーム強化→(更なる発信→)チームの価値がさらに向上→...

という好循環を作り出すことによりMKGは日本一に貢献します。

私立強豪校とは異なりスポーツ推薦制度がないWARRIORSにとって、いかに効率的・合理的に練習ができるかは勝利に直結しています。この質の高い練習を実現するためには支援は不可欠です。「WARRIORSらしい」徹底的に考えて勝利に繋げる練習を行うためにMKGの活動があります。

(2) 仕事内容

MKGの仕事は大きく分けて、企業協賛・集客・広報の3つからなります。役割分担して仕事を進め、定期的に全員でミーティングを行い進捗確認や意見交換を行い全体感を合わせています。チームが日本一になるために何をすべきか皆でよく考えています。

▶︎企業協賛

・協賛企業の窓口

メールなどで企業の方とやり取りをしたり、ミーティングに参加したりします。

社会人と会話をする機会が得られ、マナーや経験が身につきます。

・協賛企業との取り組みの取りまとめ

部への企業協賛の全容を把握し全体のバランスを整えます。

現役部員への働きかけや、取り組みの改善策の考案も行います。

・協賛パッケージの設定

部から提供できる様々なコンテンツの価値を決めます。

・企業協賛に関するデータの管理

▶︎集客

・試合への集客

どの試合にどのくらい人を呼ぶか、層ごとに決める→集客のために試合で何をするか決める →宣伝・ビラ配布やポスティング・地域周りの計画をする→実行→試合の日に集客人数を集計→分析。

・スタンドづくりや試合イベントの企画

東大応援部やOBの応援団と連携しスタンドの応援を作ったり、試合で行うイベントを企画・実行したりしています。

・地域との繋がり

フラッグフットボール教室を文京区と共催したり小学校を訪問したりして地域貢献しています。

キャンパス周辺のお店を回って挨拶をして、地域との繋がりを深めています。

・他運動部との連携

東大の他運動部との試合の相互応援や、広報面などでのコラボなどの際に窓口となっています。

・ファンクラブの企画・管理・運営

ファンの皆さんの目線でパッケージを考え、管理・運営しています。

▶︎広報

・イヤーブックの作成

年に1回、試合の振り返りや部員・OBへのインタビュー、選手スタッフ名鑑などWARRIORSの情報が詰まった本を作成しています。

・SNSなどの運営

公式HP,SNS,メールマガジンといった各媒体の方針を定め、企画→素材集め→画像や動画の編集・文章の作成→投稿→反応を見て反省、という流れを繰り返します。

一眼レフやプロが使う編集ソフトを使います。

・グッズ作成

何を作るか・発売時期・個数・値段・デザイン・プロモーション方法を考えます。

・試合で配布する広報物の作成

観客の方が読む広報誌や配布するグッズを作成します

・メディア対応

・上記以外に集客や企業協賛に関わる広報物の作成

(3)WARRIORSならではの魅力

東大の部活でマーケティングスタッフが存在しているのはWARRIORSだけです。

通常は後回しになりやすい仕事を専属的に行うMKGが確立しているのは、部の組織体制が整っている証でもあります。

社会人マーケティングコーチから様々な知識や考え方のコツを教えていただきながら、最初から高いレベルで取り組むことができ、社会人になってからも役に立つ考え方が身につきます。

数字で成果が見えるため効果を客観的に分析でき、より良い作戦立案に繋がります。失敗を存分に活かし自分を成長させられます。

MKGは創設からまだ3年目で、個人のやる気やアイデアで新境地を開拓することができます。チーム愛を原動力として、自分のアイデアを武器に戦ってみませんか。

(4) どんな人が向いているか

▶︎考えることが好きな人

MKGのどの仕事も、日本一という目的の実現に最適な方法を多面的に細部まで考えます。

自分のアイデアを形にしたいという人には、高水準でそれを実現できる理想的なパートです。

▶︎サポートすることが好きな人

MKGの仕事は直接的に活動の運営やプレーには関わりませんが、活動環境を向上させるためにロイヤリティやサポートを向上させる取り組みを行います。

チーム全体の活動を根幹から支えるため、強いやりがいを感じることができます

▶︎人と関わることが好きな人

MKGは幅広く多くの人と関わり、相手の目線に立ってより効果的な方法を模索します。部についてしっかり知るためにも部員とのコミュニケーションも非常に大切です。

MKGの多くの仕事において、人との関わりが重要な意味を持ちます。

(5)最後に

MKGは、東大ではWARRIORSでしか経験できない仕事ができ、大学で新しいことを始めたい・自分を成長させたいという人にはぴったりです。

MKGの活動に興味がある方はぜひ一度新歓イベントなどでお話ししましょう!

OTHER SNAPS