LOG IN

スタッフ紹介③TR(トレーナー)

by 東京大学WARRIORS

スタッフ各パートを詳しくご紹介するブログ、第2弾は「選手一人一人に寄り添う」TR(トレーナー)についてです。

(1)TRとは

激しくぶつかり合うアメフトというスポーツにおいてTRの存在は必要不可欠です。TRの仕事には、大きく2つの柱があります。

1つ目は、怪我をした選手をプレーできる状態に戻すことです。そのために選手の状態管理を行い、テーピングやリハビリを作成・実行します。

2つ目は、選手が怪我をしない体づくりの手助けをすることです。トレーニングや栄養など様々な角度から選手と関わることで、これを実現します。

選手の身体に直接関わるため、責任を感じると同時に、チームに貢献している実感を強く得ることができるパートです。

(2)仕事内容

▶︎練習関係の仕事

・氷、トレーニング、ケアに関わる備品の準備・管理

・アップやトレーニングの仕切り

・選手の状態の管理、コーチやSAへの報告

・テーピング、ストレッチ

・リハビリ

・緊急時の対応(救急病院受診など)

▶︎その他の仕事

・選手の体調や体重の管理・全外傷の記録

 各シーズンの後にはこの記録を振り返って怪我の傾向の分析を行い、対策を考えています。

・ニュートリション

 選手に向けて食事・栄養に関する講習会を開催します。

・MRI撮像

・緊急対応のマニュアル作成、訓練・緊急連絡先の管理、更新

▶︎主に1年生に振り分けられる仕事・備品

絆創膏から1つ数万円するトレーニング器具に至るまで、様々な備品の管理、購入を行います。

・測定会

 年に2回、全体でフィールド測定を行います。

・テープ、テープ会計

 テーピング用テープの購入と、個人へのテープ代請求を行います。

・1年練

 1年生の練習は新しく2年生になるTRが主軸となって実施します。練習、筋トレ、怪我の対応などやること

 が沢山あって大変ですが、その分学ぶことも多いです。

(3)WARRIORSならではの魅力

・TR体制は、東大では1番と言っていいほど整っていて、他団体や他大学のTRが見学に来ることもあります。ドクターやトレーニングのコーチ、栄養士など、様々な部門の専門家と関わり、その仕事を間近で見ることが出来るのは、WARRIORSのTRの特権です。

また、WARRIORSでは、ほぼ毎日社会人TRが練習に来てくれます。そのため、身体のつくり、痛みの原因、ほぐし方、リハビリのメニュー、ストレッチのメニュー など、学ぼうという気持ちがあれば、どこまでも学ぶことが出来ます。TRというポジションを極めてみたい人にとってはうってつけの環境です。

・WARRIORSのTRは、全員大学に入ってから学び始めました。ゼロからのスタートでも、 先輩たちが分かりやすく教えてくれるので、専門的な知識を身に付けることができます!経験者がいないため、大学から新たに学び始めるものとして選びやすいと思います。スポーツが好き、新しいことを始めたい、という人にぴったりです!

・WARRIORSは選手も初心者が大多数です。身体の使い方やアメフト特有のステップなど、選手とともに学んでいきましょう!選手と接する機会が多く、たくさんコミュニケーションが取れることも、TRの楽しさの1つです。

(4)どんな人が向いている?

▶︎4年間かけて1つのことを極めたい人

TRはどちらかというとスキルが要求されるポジションです。もちろん先輩後輩が協力してチームを支えているのですが、仕事の性格上4年生にできる仕事と1年生にできる仕事の間には差が生まれます。しかし私は、だからこそTRは楽しいと思っています。これは私の先輩の言葉ですが、毎日学び、試し、向き合い、悩み、喜ぶ。これほどやりがいのある事はそう多くないです。4年間をかけて1つのことを磨くという経験は簡単には得られるものではありません。少しずつ自分にできることが増えていく喜びを、ぜひ感じて欲しいです

▶︎深い人間関係を築きたい人

WARRIORSは部員が多く、それぞれの選手の健康状態を知るためには、こまめな声かけが必要です。ポジション関係なく、様々な選手とのコミュニケーションの機会を持てることは、TRの魅力の1つです。

それに加えて、TRは担当制であり、それぞれのTRが5~10人程度の担当選手を持っています。その担当選手とは、日々密接なコミュニケーションを取り、状態を詳細に把握することが求められます。担当選手が無事に復帰し、元気にプレーをしている姿を見たときの喜びはとても大きいです。TRは限られた人数の選手と特に密接に関わる、という点が特徴的です。

(5)最後に

TRパートは、全員大学に入ってから勉強し始めた仲間であり、先輩が解剖やリハビリ、トレーニングを一から教えてくれるため、大学から学び始めるのにぴったりです!とはいえ、先輩たちの入部動機はそんな大層なものではなく、「なんかかっこいいから」「先輩に惹かれて」などが大多数です。少しでも「かっこいいかも」「スタッフもありだな」と思った人は、ぜひWARRIORSの新歓特設サイト(http://www.tokyowarriors.com/lp-recruit) をご覧ください!

TR一同お待ちしています!

OTHER SNAPS